メーカー選びは慎重に

注文住宅を作る際には、ハウスメーカーに依頼します。しかし、どこのメーカーも同じではありません。安いコストで家を建ててくれるローコストメーカーもあれば、値段の高い高級メーカーまで様々あるのです。住宅のコストは建てる大きさでも変わります。例えば、2階建て住宅よりも3階建て住宅のほうが、当然ですがコストが上がります。さらに、木造よりも重量鉄骨や鉄筋コンクリート造りのほうが費用が上がります。もしも出来るだけ出費を抑えたい場合には、ローコストメーカーで木造2階建て住宅を建設するのが理想です。しかし、そのローコストメーカーでも様々な会社があります。ですから、最低でも3社くらいから相見積もりを取って、綿密にハウスメーカー選びをしたほうがよいのです。

住宅建設で大切な「坪単価」

坪単価とは、1坪当たりの建築費用のことを言います。例えば木造住宅であれば、坪単価は55万円程度です。ローコストメーカーであれば40万円程度のところもありますが、高級メーカーでは木造であっても、70万円くらいするところもあります。坪単価70万円というと、重量鉄骨の坪単価に匹敵します。鉄筋コンクリート造りであれば、1坪当たり80万円から90万円くらいで、住宅建設では鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造りが一番坪単価が高くつくのです。このように、住宅を建てる素材やメーカーによって坪単価は大きく変わります。また時代によっても変化する傾向があるので、坪単価が安くなった時を見計らって、住宅を建てると総建築費が抑えられます。

千葉の注文住宅を建てる際には、エリアごとの相場をきちんと把握しておきましょう。千葉はリゾート物件を建てたい人向けのエリアも多く、都心から離れていても土地相場などが高いエリアもあるからです。