健康で快適な住まい!設計プランの考え方のアドバイス

注文住宅の家づくりは、どんなマイホームを建てていけばいいのか悩むことは多いでしょう。定年後も長く暮らしていきたいと考えているなら、健康的で快適に住める家づくりの設計プランを考えることも大切です。日差しが入らず暗い部屋よりも、太陽の光が部屋によく入る家のほうが冬でも暖かいですし、明るい雰囲気の家になります。そして、風通しの悪い家は汚れた空気がたまりやすいので、健康面に悪い影響が出るかもしれません。設計プランを考えるときは、風の道を読み取った間取りを考えることも必要です。このように、住環境も重視して家づくりをおこなえば、家族みんなが健康で快適に暮らせるようになるため、家族が幸せになる家を第一に考えた設計プランを検討していきましょう。

理想の土地を見つけるコツとは!?

家を建ててから「隣家の影響で日差しが家に入らない」「周囲の環境が悪くて住みにくい」といった後悔が残らないようにしたいですよね。土地探しは、家づくりの設計プランと同じくらい時間をかけて探すことが重要です。周囲の環境をよくチェックしておくことも、土地探しのコツです。自分たちの生活をイメージし、通勤や通学はしやすいか、スーパーやコンビニなどの買い物施設は近くにあるかを確認しておきましょう。

そして、住みたいエリアの治安や地理を調べておくことも大事です。実際に街を歩いてみて、どんな人が住んでいる街か、地盤は不安定ではないかなどもチェックすべきポイントです。また、近隣の建物の影響で日光が遮られることもあります。住みたい土地が見つかったら、日当たりは良好な土地か、時間帯を変えてチェックに行くようにしましょう。

相場より安く販売されるローコスト住宅はヒト・モノのどちらかのコストを削減しています。オプションを付けると価格が跳ね上がることもあるので注意が必要です。