スイッチの位置は慎重に!

スイッチなんてどこにあっても関係ない、工務店の人に丸投げする、などと考えていると後悔するかもしれないです。実はスイッチの位置は重要で、一メートル上下や左右にズレるだけで使い勝手が変わってくるものです。そのため適当に決めるのではなく、工務店の人に完成した時の注文住宅の模型を作ってもらいましょう。そしてその中で生活しているところを想像してみると良いです。家を出る際に廊下の奥まで行かないと玄関の電気が消せない、ベッドに寝た状態では届かないといったことがないかチェックしましょう。注文住宅が完成する前なら、意外と安価で位置を変えられるケースが多いため、できるだけ早い段階でスイッチの位置を検討しておきたいです。

オシャレな建物にこだりすぎない方が良いです

注文住宅で家を建てる人の中には、軒先がない方が良い、螺旋階段にしたいといった希望を持っているケースは少なくありません。決して駄目ではないですが、必ず確認してから取り除くか設置するのかを決めておきましょう。例えば軒先がないと、雨の日は濡れたまま玄関に入らなくてはいけません。しかしわずかでも雨を避けられる場所があれば、体を拭けますし、傘やレインコートの水分を落とせるのです。また螺旋階段は狭いスペースに設置するのにとても有効です。一般的な階段を設置できないなら、検討しておいて損はありません。ただし螺旋階段は荷物を持って上り降りするのには向いていないです。もしも迷うなら、展示会などに行って実際に上り降りしてみると良いでしょう。

名古屋の注文住宅は、施工実績が豊富で良心的な価格が魅力のハウスメーカーの他、地域に根差した昔ながらの工務店や設計事務所まで様々な事業所が施工を請け負っています。