賃貸オフィスを利用する具体的なメリットは?

賃貸オフィスいわゆる貸事務所は、レンタルオフィスと比べて金融機関などから信用を得やすい、というメリットがあります。レンタルオフィスも事務所スペースを持ったり住所を持ったりすることができるので、あまり違いがないように見えるでしょう。しかし賃貸オフィスはしっかりと賃貸契約を交わしているので、そのぶん融資などの際に評価が高くなります。また取引先や顧客も、自らのオフィスを持っている会社の方が、信頼して付き合うことができるでしょう。

従業員が少ない法人や個人事業主の場合、立派な賃貸オフィスを利用するのはコストが高いように思えます。特に賃料の高い都会であればそれは顕著です。しかし事業を行う上での社会的な信頼性に繋がりますし、特に都会ではオフィスを持っていることこそがステータスになります。

賃貸オフィスを利用する具体的なデメリットは?

賃貸オフィスはレンタルオフィスと比べて、業務を始めるまでに時間がかかるなどのデメリットがあります。多くのレンタルオフィスでは設備が最初から揃っていますし、シェアオフィスもそれは同様です。大半の賃貸オフィスでは最低2年で契約します。事業に合わせた設備の導入工事や、家具の準備などで時間がかかります。敷金・礼金・頭金や設備費用など、最初はまとまったお金が必要です。そのため、いくつもの賃貸オフィスをしっかり内見して、じっくり選定しないと失敗した時にダメージが大きいです。賃貸オフィスのメリット・デメリットをよく覚えておいて、ぜひ自分にとってベターな選択肢を見つけてください。

港区で賃貸事務所を借りると交通の便が良いというメリットや、企業が沢山あるので他の会社との交流が多くなるというメリットがあります。