おしゃれで住みやすい家の間取りとは

おしゃれで住みやすい家のポイントとなるのが、自分や家族のライフスタイルや考え方です。シンプルが好きなのか、温かい雰囲気を出したいのかによって、同じ間取りでも異なる雰囲気を作り出すことができるでしょう。どんなタイプを好むかを問わず、住みやすい家には、家族でくつろげるリビングの存在が欠かせません。広めのスペースをとって好みのテイストを盛り込むようにしたり、小上がりを作ると、おしゃれで満足感が高い家になるでしょう。

天井が高いと開放感が生まれ、シャンデリアなどを下げるとおしゃれに見えます。予算やスペースの有効活用を考えると、家全体の天井の高さをキープするのは難しいかもしれません。ですが、リビングや玄関など、ポイントを絞って天井を高くすると、おしゃれでいて居心地の良い空間を実現できます。

収納もおしゃれで住みやすい家の大切なポイント

おしゃれと収納は、あまり関係性がないように思えますが、しまうべきものを収納するスペースが十分にあると、おしゃれな空間を作ることができ、住みやすさにもつながります。また、壁面収納を活用すると、雑貨をおしゃれに飾り付けることもできるでしょう。クローゼット収納を、ブティックのような形にし、鏡などを置いてコーディネイトできるようにすると、単に洋服をしまう場所ではなく、着替えを楽しむ場所になり、おしゃれのセンスも磨かれるはずです。家族みんなが使う共通の本や物は、廊下などのデッドスペースに棚を作りつけて置くと、おしゃれでいて使い勝手が良い場所にできます。

3000万の家を建てるなら、気になったハウスメーカーや工務店の話をじっくり聞く事が大切です。話した時の雰囲気で、相性の良さなどを判断出来ます。