間取りは生活の利便性に直結する

注文住宅で大失敗するケースとして多いのは間取りのミスです。オーダーメイドでの建設になるので、建売住宅と同じ感覚では建てられません。間取りの失敗を回避するには、なるべく多くのモデルを見ておくことです。リビングのスペースに余裕を持たせたい、隠れ家的な設計にしたい、快適収納にこだわりたい、などと具体的に決めます。頭でイメージを膨らませるだけでなく、実際にたくさんの施工事例を見ることが大切です。

注文住宅づくりでは、何かを優先すれば、別の何かを犠牲にしなければいけない場面が出てきます。間取りは住みやすさに直結するので、外観以上にこだわる必要があります。大切なのは特定の場所にこだわりすぎず、全体的なバランスを考えることです。

住宅設計を決めるためのポイント

はじめて注文住宅を建てる場合、何を重視すればよいのか見極めるのが難しいでしょう。そうした場合は日常生活でよく使用する設備を考えてみます。キッチンにいることが多いのであれば、キッチンの利便性を重視しましょう。数人で調理することが多いならば、キッチンのスペースに余裕がほしいです。暖房費を抑えるためには、吹き抜けにして太陽光を取り込むのがポイントです。

小さい子どもや高齢者がいるならば、平屋住宅やバリアフリー空間を意識しましょう。階段がない住宅であれば、昇り降りが不要なので階段から落ちる心配はありません。住宅設計で迷ったときは、今選ばれている間取りや設備をプロに聞いてみるのがおすすめです。大勢から選ばれているプランならば、大きな失敗は回避できるでしょう。

神奈川の注文住宅では、キッチンの隣にパントリーを併設したいと希望する方が少なくありません。パントリーは、食品、調理器具などを保管できるスペースのことです。キッチンをきれいに整頓できるのが魅力です。