リビングまでの動線と収納について

注文住宅で家を建てる際に、もっとも難しいと言って差し支えないのが動線と収納をどうするか、ということではないでしょうか。ただし動線と収納を一緒に考えることによって、意外と簡単に問題が解決することがあります。例えば家庭によってライフスタイルはさまざまですが、家の中で一番長く過ごすのはリビングだという人は少なくありません。また帰宅したら真っ先にリビングに向かうという人も多いでしょう。そのためリビングには、できるだけ多くの収納を設けると良いです。そのことによってリビングに物が溢れるといったことを防げます。さらに玄関からリビングに行く動線の途中に洗面所を設置しておけば、手洗いやうがいがやりやすく衛生面に優れた注文住宅にできるのです。

客間の動線と収納について

お客さまを招いた時に困るのは、トイレやお風呂に行くたびに鉢合わせになる、あるいはリビング内を見られてしまうといったケースです。これは家主の家族にとってはもちろんですが、お客さまにとっても落ち着きません。そのような事態を避けるために、家主の生活動線と客間への動線は、なるべく交わらないようにしておきましょう。トイレや風呂を複数設置するのは予算的に難しくても、壁を一枚作って動線を分けるだけで可能なので、少ない予算で実現できます。互いのプライバシーを守れるので、過ごしやすくなるでしょう。他にも客間の近くに大きめの収納棚を作ってすべての荷物を入れておけるなら、お客さまが家中を行ったり来たりしなくてすみます。

東京の注文住宅とは、東京にある建築業者が注文があってから始める住居建築のことを指しています。間取りなど要望に合わせて住居を建てるので、好みに合う選択ができます。