北海道の賃貸条件は緩やか

北海道は寒冷地で降雪量が多く、通常の賃貸物件には暖房設備が完備されています。北海道の窓ガラスは複層タイプなので、暖房効率が高いのも特徴です。アパートなどの屋根には軽量な素材が使用され、積雪に対する耐久性も確保されています。北街道では通勤や通学には自動車やバイクが利用されることが多く、殆どの賃貸物件にも駐車場や駐輪場が併設されます。札幌市は日本有数の人口集中都市ですが、賃料を含め賃貸条件は比較的に緩やかです。敷金は0か1か月分が多く、礼金に関しては課されないのが一般的です。加えて、北海道では更新料がかからない賃貸物件が殆どです。

好条件の物件を見つけやすい

北海道の賃貸物件が好条件なのは、不動産ファンドや投資家が多数参入しているのが一因です。札幌市は内外からの人口流入が多く、不動産市場は活況を呈しています。その結果、新築物件が次々に建てられることになり、立地によっては空室が発生するケースも出てきました。ターミナル駅近くの賃貸物件は大都市並みの相場ですが、少し離れたエリアでは好条件の物件が直ぐに見つかります。

寒冷地ならではの注意点

北海道で賃貸物件に住む場合、積雪対応以外の寒冷地対策も必要となります。その一つが「水落とし」と呼ばれるもので、水道管の凍結を予防するための対策です。在宅時は暖房によって心配ありませんが、暖房を消した状態では室内が外気温と同じになります。その為、室内にある水道管が凍結する恐れがあり、場合によっては破裂してしまいます。その為、長く家を空ける際には、水道管内の水を抜く必要があります。この作業が水落としで、作業方法については建物ごとに異なるものです。

札幌中央区の賃貸では、駅が近い住宅と郊外の住宅の家賃が大きく変わることがあります。予算をオーバーしないように、家賃の確認を怠ってはいけません。