駅近物件に住むメリット

駅近物件に住む最大のメリットは、駅まですぐ行けることです。例えば通勤に鉄道を使っている場合は、自宅から駅までの出勤時間が短く済みます。駅からすぐ帰宅できるので疲れているときにも嬉しいですね。住んでいるエリアから離れた場所に行きたいときも、自宅の最寄りに駅があればアクセスしやすく便利です。

また、駅は毎日大勢の利用者がいて人通りが多いので、周辺に便利な施設が集まりやすいこともポイントです。商業施設・スーパー・コンビニ・銀行・病院など、生活の中で利用する頻度の高いスポットが揃っているため、自宅から近距離のエリアで日常の用事を済ませられます。なお、このようなスポットが多いことから、駅周辺は夜でも明るく人通りがあり、夜間歩きやすい点もメリットと言えるでしょう。バス通りになっていることも多く、道幅が広くて見通しが良いことも魅力です。

駅近物件に住むデメリット

駅近物件最大のデメリットは、家賃が比較的高いということです。駅近は物件の中でも特に人気のある条件です。人気の高い物件は家賃が高額になる傾向にあります。駅近物件を希望する場合は、家賃額と利便性を天秤にかけながら検討する必要があるでしょう。また、駅の近くに繁華街が存在する場合は少し注意が必要です。繁華街は飲食店などが多数集まるため、外食が多い人にとっては便利な場所でもありますが、酔っ払いや客引きなどが現れやすく、治安面でやや不安なところがあります。そのほか、線路の位置などによって電車の通過音などが頻繁に聞こえ、騒音に悩む可能性もあるでしょう。

千歳の賃貸物件は築年数の経過しているところが多く、お手頃な家賃で広い間取りの物件が手に入ることもしばしばです。